コラム
コラム大阪の堺・泉佐野周辺で和装を着てフォトウェディングをするときの相場はいくら?

2022年04月15日

大阪の堺・泉佐野周辺で和装を着てフォトウェディングをするときの相場はいくら?

近年、コロナ禍の影響などによってフォトウェディングを選択するカップルが増加しています。ドレスや白無垢、タキシードや袴を着た2人の姿を写真に残すことができるため、人気を集めています。和装の場合は、日本庭園などで行うロケーションフォトも人気です。結婚式当日は洋装を、前撮りでは和装を選ぶ方も少なくないでしょう。

そこで今回は、泉佐野周辺で和装のフォトウェディングを行う場合の料金の相場や、衣裳の選び方などを解説します。

 

和装撮影の相場

堺や泉佐野周辺で和装撮影を行う場合、相場は和装1点で10万円前後、和装2点で15万円前後です。

ただし、撮影に含まれるセット内容や受け取るデータの量、スタジオまたはロケーションなどの条件によって変動します。料金だけでなく、内容も十分にチェックして比較することが大切です。

 

和装の種類・選び方

結婚式やフォトウェディングで身につける和装として、多くの方は白無垢をイメージするでしょう。しかし、和装の種類は白無垢だけではありません。

ここからは、和装の種類や選び方について解説します。

 

上品で格式高い白無垢

白無垢は和装のなかでも特に格式高く、その歴史は室町時代まで遡ることができるとされています。打掛や角隠しといったすべてのアイテムを、純潔や神聖を意味する白色でそろえることが特徴です。

シンプルに見える白無垢には、白色でさまざまな模様が刺繍されているため、派手過ぎない華やかさがあります。模様は桜や鶴など種類が豊富です。お気に入りの一着を見つけましょう。

また、生地に使用される素材や織り方も多岐にわたります。

 

華やかできらびやかな色打掛

色打掛は、さまざまな色や柄が特徴的で非常に華やかな衣裳です。最もベーシックな色は赤色ですが、近年はカラーバリエーションが豊富に揃っています。また、オーガンジー素材が用いられるなど、デザイン性の高い色打掛も少なくありません。

刺繍されている鶴・蝶・雲・花といった柄には、それぞれに縁起のよい意味が込められています。

ちなみに、新郎の衣裳としては一般的に紋付き袴が選ばれます。

 

和装の選び方

和装のフォトウェディングを希望する場合は、撮りたい写真のイメージから衣裳を選びましょう。たとえば、赤色や黄色などを身につけると華やかな雰囲気になります。クールなイメージに仕上げたい場合は青色系統、可愛らしい印象に仕上げたいなら淡い色がおすすめです。

一生に一度の機会として袖を通してみたいなら、白無垢をチョイスしましょう。

白無垢も色打掛も着てみたい場合は、2点の衣裳を着て撮影できるプランがおすすめです。

 

洋装の種類・選び方

和装だけでなく、洋装も着たい方も多いかと思います。ウェディングドレスに憧れを抱いている方もいらっしゃるでしょう。

ここからは、洋装の種類や選び方について解説します。

 

定番のウェディングドレス

花嫁の定番衣裳として知られているウェディングドレス。白色の生地に刺繍や装飾が施されており、とても上品な衣装です。ウェディングドレスには、さまざまな形のタイプがあります。

 

最もベーシックな形はAラインです。胸の下に切り替えがあり、スカート部分が大きく広がっているデザインが特徴です。

クラシカルな印象のエンパイアラインも人気のタイプ。ハイウエストで裾が直線的に広がっているため、ナチュラルな雰囲気を演出できます。自然に囲まれた場所での撮影におすすめのウェディングドレスです。

大人っぽいドレスを着たい方には、スレンダーラインがぴったりです。体のラインが出て、スマートな印象になります。

ほかにも、マーメイドラインやプリンセスラインなどがあります。

 

カラフルで可愛いカラードレス

純白のウェディングドレスだけでなく、カラードレスという選択肢もあります。結婚式では、挙式ではなく披露宴や二次会で身につけます。

 

カラードレスの種類は非常に多く、色や柄、素材などは多岐にわたるため迷ってしまうかもしれません。赤やピンクといった暖色系もあれば、青や紫といった寒色系もあります。複数の色が使われたカラフルなドレス、花柄などの模様が入ったドレスなどのなかから、ときめく一着を見つけてください。

 

洋装の選び方

洋装の選び方は人それぞれですが、まずはある程度絞り込む必要があります。たとえば、最初に色を決めると選びやすいでしょう。好きな色を優先させつつ、自分に似合う色を意識することも大切です。

スタジオの雰囲気・背景の色・装飾に合わせて衣装デザインを選ぶ方法もあります。ロケーションと相性の良いドレスを選びましょう。

なお、新郎の洋装にはタキシードやフロックコートなどがあります。

 

人気のロケーションを3つご紹介

和装でフォトウェディングを行う際、スタジオではなく屋外や和風の施設で撮影したいと思う方もいるでしょう。

ここからは、和装撮影にぴったりな関西で人気のロケーションを3つご紹介します。

 

和歌山の温山荘

和歌山県にある温山荘は、1万坪以上の面積を誇る個人庭園です。平成22年には重要文化財に登録されており、厳格な雰囲気を味わうことができます。

敷地内には和風建築や松林の美しい庭園などがあり、和装に合う写真を撮影できます。

 

大阪の大阪城公園

フォトウェディングのロケーションとして大阪城公園を選ぶと、お城を背景にした迫力のある一枚に仕上がります。

春には、満開の桜を活かした華やかな写真撮影も可能です。

 

京都の嵐山

嵐山は豊かな自然環境が魅力的な撮影スポットです。竹が生い茂った竹林は、和装での撮影に最適。また、紅葉や桜の時期には美しい風景をバックに和の雰囲気漂う写真を撮影できます。

渡月橋などの有名スポットも点在しているため、観光気分で楽しめるでしょう。

 

泉佐野で和装のフォトウェディングなら「Studio Noi」

泉佐野周辺で和装のフォトウェディングをお考えの新郎新婦様はぜひ「Studio Noi」をご検討ください。「Studio Noi」では、和装にぴったりなロケーションやフォトウェディング専用スタジオで、プロのフォトグラファーによるフォトウェディングをご提案しています。

 

和装と洋装の両方を身につけて撮影できるプランもご用意。ドレスも着物も着てみたいと考えている方にも最適です。

 

さらに「Studio Noi」では、NEW BRAND OPEN記念キャンペーンを実施中です。

 

2022年1月または2月に撮影される方限定で、温山荘の施設利用料10,000円が無料になります。和装のフォトウェディングにぴったりな温山荘で、素敵な写真を撮影してみませんか?

とてもお得なこの機会に、ぜひご利用ください。まずはご来店やオンラインでのご相談をお待ちしております。

コラム一覧ページへ